包茎手術の体験談

包茎手術が気になるあなたへ、体験談をご紹介!

どんなときに包茎治療したくなる?

今まで包茎に抵抗がなかったのに、ちょっとしたきっかけで手術を受けたくなることはあるものです。
その一番の理由は、パートナーにあります。
パートナーとのデートを重ねているうちに、性交渉を意識するようになります。
でも、包茎であることを知られたくないため、なかなか発展しません。
こうした関係が長く続けば、パートナーも不信感を抱くことになります。
大人になるときに治療を決意するケースも多いです。
就職を目前にして治療をするという話も聞かれています。
社会人になれば、忙しくてなかなか時間を確保できませんから、学生時代に治療を終えてしまおうと考える男性が多いようです。
その他のタイミングで多いのは、自分が不都合を感じたときです。
「友達にバカにされた」「入院中に看護師さんに見られた」といった理由です。
男性は落ち込みやすい性質がありますから、ひとたび包茎にコンプレックスを感じると、治す以外には解決法はありません。
治療をしたいと感じたときが、治療するべきタイミングかもしれません。