包茎手術の体験談

包茎手術が気になるあなたへ、体験談をご紹介!

真性包茎やカントン包茎の方は必ず治療して下さい

包茎と言ってもその種類は様々です。
仮性の場合は必ずしも治療が必要でない場合もありますが、真性やカントンの方はきちんとクリニックなどで治療を受けるべきです。
これらのタイプはそのまま放置しておくと日常生活に支障が出ますし、あなた自身もきっと悩んでいることと思います。
そのまま放置しておくと、自分自身に対してデメリットが大きいことだけではなく、パートナーにも大きなデメリットを与えます。
カスの中に含まれる雑菌やバイ菌が相手に感染すれば、最悪の場合には子宮頸がんを引き起こすこともあるのです。
これらの包茎はもはや病と見なされているくらいですので、早めの治療が必要です。
常に亀頭が包皮に覆われているので、先細りのペニスでセックスをしても大きな快感が得られないばかりか、相手の性器に与える刺激も小さいので、パートナーも十分な快感を得ることが難しいでしょう。
治療は1時間もあれば済みますので、出来うる限り早めの治療がベストです。
長い人生を考えると決してメリットはないので、早めに治療を受けましょう。