包茎手術の体験談

包茎手術が気になるあなたへ、体験談をご紹介!

包茎手術の体験談について

私は、小学校3年生の時に、包茎手術で数日入院をしました。
その頃は、何で入院したのか分からず、中学生になった頃に理解しました。
入院前は、父親と入浴中に、バイキンが溜まっていると言われ、すぐさま病院へ連れて行かれました。
当時は小学生でしたが、女性の看護婦さんの前でズボンを脱いで見られることがとても恥ずかしかったと記憶しています。
実際の診療時に見られるとき、恥ずかしさと同時にバイキンが溜まっているため、少しいじられるだけでも激痛を感じていました。
入院したとき、包茎手術後は股間を覆った丸いカプセルのような包帯をかぶせられており、排尿時には数日間の痛みを伴いました。
現在から約25年も前の手術でしたので、最近の技術どころか、傷跡もツートンカラーもあります。
ただ、大人になって思うことは、子供の頃に手術していてよかったと感じます。
なぜなら、大の大人が女性看護婦さんの前で包茎を見られるのですから、非常に恥ずかしいことです。
以上が、私の体験談となります。