包茎手術の体験談

包茎手術が気になるあなたへ、体験談をご紹介!

包茎手術は20代で受ける人が多い

包茎手術は20代で受ける人がダントツで多くなっております。
10代や30代で受ける方も比較的多いですが、40代になると少なくなります。
やはり、ある程度の年齢になると、治療を受けるのに抵抗を感じるようです。
30代までに治療を受けなければ、そのまま惰性で過ごしてしまうという意見が多いです。
20代で手術する人が多いのは、経済的に自由になることが大きな理由です。
また、10代のころは医師に断られるケースも多いです。
成長の余地がある年代では、しばらく様子を見たほうがいいのです。
身体が大きくなるのと同時にペニスも成長します。
皮がすっかりと広がって、正常なペニスになるケースも多いのです。
30代になると手術を受ける割合が経るのは、20代で治療を済ませてしまったという方が多いからです。
軽度な症状なので放置している例もあります。
そのほか、手術は受けたいけど怖くて来院できないという声も聞かれます。
包茎を治すならば、30代までが大きなチャンスになります。