包茎手術の体験談

包茎手術が気になるあなたへ、体験談をご紹介!

どんなときに包茎治療したくなる?

今まで包茎に抵抗がなかったのに、ちょっとしたきっかけで手術を受けたくなることはあるものです。
その一番の理由は、パートナーにあります。
パートナーとのデートを重ねているうちに、性交渉を意識するようになります。
でも、包茎であることを知られたくないため、なかなか発展しません。
こうした関係が長く続けば、パートナーも不信感を抱くことになります。
大人になるときに治療を決意するケースも多いです。
就職を目前にして治療をするという話も聞かれています。
社会人になれば、忙しくてなかなか時間を確保できませんから、学生時代に治療を終えてしまおうと考える男性が多いようです。
その他のタイミングで多いのは、自分が不都合を感じたときです。
「友達にバカにされた」「入院中に看護師さんに見られた」といった理由です。
男性は落ち込みやすい性質がありますから、ひとたび包茎にコンプレックスを感じると、治す以外には解決法はありません。
治療をしたいと感じたときが、治療するべきタイミングかもしれません。

包茎手術は20代で受ける人が多い

包茎手術は20代で受ける人がダントツで多くなっております。
10代や30代で受ける方も比較的多いですが、40代になると少なくなります。
やはり、ある程度の年齢になると、治療を受けるのに抵抗を感じるようです。
30代までに治療を受けなければ、そのまま惰性で過ごしてしまうという意見が多いです。
20代で手術する人が多いのは、経済的に自由になることが大きな理由です。
また、10代のころは医師に断られるケースも多いです。
成長の余地がある年代では、しばらく様子を見たほうがいいのです。
身体が大きくなるのと同時にペニスも成長します。
皮がすっかりと広がって、正常なペニスになるケースも多いのです。
30代になると手術を受ける割合が経るのは、20代で治療を済ませてしまったという方が多いからです。
軽度な症状なので放置している例もあります。
そのほか、手術は受けたいけど怖くて来院できないという声も聞かれます。
包茎を治すならば、30代までが大きなチャンスになります。

真性包茎やカントン包茎の方は必ず治療して下さい

包茎と言ってもその種類は様々です。
仮性の場合は必ずしも治療が必要でない場合もありますが、真性やカントンの方はきちんとクリニックなどで治療を受けるべきです。
これらのタイプはそのまま放置しておくと日常生活に支障が出ますし、あなた自身もきっと悩んでいることと思います。
そのまま放置しておくと、自分自身に対してデメリットが大きいことだけではなく、パートナーにも大きなデメリットを与えます。
カスの中に含まれる雑菌やバイ菌が相手に感染すれば、最悪の場合には子宮頸がんを引き起こすこともあるのです。
これらの包茎はもはや病と見なされているくらいですので、早めの治療が必要です。
常に亀頭が包皮に覆われているので、先細りのペニスでセックスをしても大きな快感が得られないばかりか、相手の性器に与える刺激も小さいので、パートナーも十分な快感を得ることが難しいでしょう。
治療は1時間もあれば済みますので、出来うる限り早めの治療がベストです。
長い人生を考えると決してメリットはないので、早めに治療を受けましょう。